観光スポット

Spot

TOP

/

観光スポット

/

古法華石仏

古法華石仏

  • 加西市エリア
  • 歴史に触れる
  • 歴史・文化

石造浮彫如来及両脇侍像(せきぞううきぼりにょらいおよびりょうわきじぞうふせきぞうずしおくがい)日本では最古の白鳳時代(7世紀後半)に造られた石仏です。凝灰石の切石の表面に、いすにかけた中尊と蓮華座上に立つ脇侍をそれぞれ半肉彫りであらわし、天蓋、三重宝塔、各尊の円光背を配し、下方に香炉型をはさんで相対する獅子像を陽刻しています。火災の厄にあったらしく、天蓋及び三尊は半肉彫りの部分が剥離欠失し、わずかに脇侍の一部が残るにすぎませんが、上方左右に造顕された宝塔をはじめ中尊のいすの装飾や獅子の表出などの細部の手法には極めてすぐれた技が認められ、磚仏や押出仏に多くの佳作を残した白鳳時代のこの種の仏教美術の代表的な作と折紙がつけられています。昭和32年から奈良博物館に収められていましたが、地元の熱望によって、昭和46年に本来の古法華の地に帰って来て、今は収蔵庫にまつられ大切に保管されています。なお、古法華石仏は常時公開しているわけではありませんので、ご覧になりたい方は、アトリエ館(TEL0790-46-0268)、または同石仏保存会長 中村貞良氏(TEL0790-48-3224)までご確認ください。

住所
〒675-2342 兵庫県加西市西長町1095
TEL
0790-42-8823
定休日
要確認
料金
無料
駐車場
なし
H.P
加西市ホームページ
備 考
問い合わせ先:加西市 観光案内所

アクセスマップ

/ Access Map

関連スポット情報

/ Related Spot

スポット周辺のイベント情報

/ Related Event

加西市エリア

ふるさと再発見ハイク

2024年5月25日(土)

加西市エリア

かさいSDGsフェスタ2024

2024年7月27日(土)
アスティアかさい 3階交流プラザ

加西市エリア

風土記の里体験ウォークーハリマ王葉にんにく収穫コースー

2024年4月11日(木)
北条鉄道播磨下里駅(集合場所)

ハートにグッと北播磨