スマートフォン用サイトを表示

日本の原風景が残る兵庫県北播磨地域で心豊かな感動体験を

 アクセスランキング - 観光
 おすすめコンテンツ
 ログイン【更新施設専用】

ユーザ名:

パスワード:

久学寺

河上山久学寺は、浅野藩三がく寺(赤穂の花岳寺、東京の泉岳寺)の一つとして赤穂藩歴代の城主と浪士の位牌がまつられています。秋の紅葉が美しく、12月14日には、恒例の義士祭が行われます。

浅野内匠頭長直は常陸の国(茨城県)笠間の城主であったが、正保元年(1644年)大阪加番を命じられ翌年6月同じ石高をもって播州赤穂へ国替となった。これが赤穂浅野家の初代である。
赤穂城主となった長直公は赤穂藩53,000石の領地を見聞され、特に飛地で石高の多い旧加西郡の北部(現加西市)8,920石の領地を熱心に見聞された。そしてその途中、ここ久学寺にて宿泊され、当時の住職(6世是天良扶和尚)に深く帰依され山林田畑12石を寄付され浅野家の菩提寺として父、長重公と浅野家代々の弔祭を依頼される。
その後、長直公は現花岳寺を再建され中興開山として久学寺6世と7世住職をも招請し浅野家の弔祭を依頼される。
やがて、長直公も隠居されその子、長友が後を継がれたが僅か5年足らずで若死されたのでその長子である長矩が9歳で赤穂5万石の家督を継ぎ祖父の官名(内匠頭)を賜った。
その後、赤穂藩では旧加西郡大和村(現多可郡八千代町)に灌漑用のダム建設に着手し、その工事の進行を担当した城代家老である大石内蔵助が再三訪れ、その際久学寺に宿泊し当時の住職(8世碧峰)と囲碁を楽しんでおられたようである。
江戸城での刃傷事件の時、江戸から早籠が赤穂に到着した時も大石内蔵助は久学寺で碁を打っており、赤穂よりの使者から刃傷事件を聞き慌てて赤穂に帰られたという言い伝えが有ります。
また、菩提寺という関係から浅野内匠頭長矩公及び46士の戒名は久学寺9世住職海音和尚が贈ったという記録の過去帳が現在保存されている。なお、大石内蔵助の手紙(花岳寺の維持、浅野家の弔祭依頼)と吉田忠左衛門、大高源五の手紙(先祖供養の依頼)も保存している。

※現在改修中です
(平成21年12月完了予定)

施設情報

所在地 兵庫県加西市上芥町982
アクセス 中国自動車道加西ICを出て、右折北上、満久交差点を左折し、在田郵便局前の交差点を過
電話 0790-44-1405
料金 無料
駐車場 10台 /中・小型バス 2台
ホームページ http://www.city.kasai.hyogo.jp/02kank/kanko/14kyuga.htm

アクセスマップ

地元からのホット情報

表示オプション    

トップ旨い。北播磨観光・宿泊スポットフォトライブラリ北播磨チャンネルお役立ちリンク当サイトについて個人情報保護方針お問い合わせ
Copyright © 2007-2016 北播磨広域観光協議会 All rights reserved.